独立系FPがオススメする「定期預金商品」と「銀行選びのコツ」

超低金利時代からなかなか脱することができない今、多くの方が普通預金以外のお金の預け先をどうすべきか、という難しい問題に悩んでいるのではないでしょうか。普通預金に預けていてはほとんど殖えない。とは言っても、減るかも知れないというリスクがある預け先は怖いので、できれば手を出したくない。殖やしたいが減るのは嫌だ、という二つの要望を同時に満たしてくれる商品はなかなか見つからないでしょう。そのため、いろいろ悩んだ結果、たどり着いた結論が定期預金に預けるということだった、という方は非常に多いのではないでしょうか。今回はそのような結論に至った方々に定期預金を選ぶ際にこれだけは気をつけて欲しいというポイントや、具体的な推奨金融機関について、情報をお届けできればと思いこのコラムを執筆しております。

では早速ですが、定期預金を選ぶ際のポイントについてお話していきたいと思います。お金を運用する方法というのは世の中にたくさんありますが、今回は定期預金に絞ってお話をしていきたいと思います。定期預金を選ぶ際気を付けたいポイントは3つあると考えます。


ポイント1:金利の高いものを探す

1つ目のポイントは当たり前のことではありますが金利が高いものを選ぶということです。2020年8月現在、日本に存在する定期預金の中には金利が0.27%ある銀行から、0.002%しかない銀行まで、さまざまです。この差は実に135倍にもなり、例えば同じ100万円を預けた場合、年間利息が16円(税引き後)か、約2,150円(税引き後)か、という差が出ます。例えば結果10年預けた場合(利息が変化しなかったと仮定)には利息差は2万円以上になるため、同じほぼノーリスク商品を選ぶのであれば、金利の高さは大きな違いを生みます。


ポイント2:預ける期間はライフプランをよく練ってから決める

2つ目のポイントは定期預金に預ける期間をご自身の今後の人生プランに合ったものにすることです。定期預金にはその名の通り決められた期間があります。

1か月、3か月、6か月など、短期なものから、1年、3年、5年、10年など、比較的長期のものまで様々です。一般的には、より長い期間預ける約束をしたほうが金利は高くなる傾向があります。しかし、無計画に長い期間預けることを決めてしまうと、途中でご結婚や出産、教育費のピークなど大きなイベントが起きると、せっかく預けた定期預金を解約せざるを得なくなることがあります。

定期預金の場合、解約しても元本を割ることは基本的にありませんが、もらえるはずだった利息が一部、もしくは全て没収となり、定期預金に預けた意味が薄れてしまいますので、預ける金額や期間を決める際には注意が必要です。定期預金に預ける金額は、十分に生活のためのお金や、緊急予備資金を普通預金やタンス預金などで確保したうえで、余裕がある範囲内にしておきましょう。

そしてここが非常に大事な話ですが、5年、10年と、長い期間預けっぱなしにすることは極力避けるようにしましょう。なぜなら、そもそも定期預金という金融商品自体が基本、物価上昇率に負けてしまう傾向が強いものだからです。2012年から政府の方針として物価上昇率2%を目標にしていますが、これは例えば100万円の品物が翌年102万円出さないと買えなくなるという現象のことを指します。今の日本の情勢ではなかなか物価上昇率2%を達成することは難しいと筆者は感じますが、仮に政府の目標通り2%ずつ物価が上昇した場合、100万円の品物は10年後に122万円出さないと買えない計算になります。0.2%金利がつくと喜んで預けた定期預金は10年後にいくらになっていると思いますか?答えは約102万円です。100万円から102万円と、2万円確かに殖えているのですが、スタート地点で100万円の預金と100万円の品物は等価だったのに、10年後定期預金を解約して得た102万円では122万円になった商品は買えません。物価上昇に対しては20万円負けていることになります。預けっぱなしにするという制約を我慢し、せっかく殖やしたのに実質的な資産価値は減っているということになります。定期預金という金利の低い金融商品を購入する際は物価上昇に負ける可能性がある、ということをしっかり意識しなければなりません。定期預金が「ほぼ」ノーリスクと敢えて申し上げた理由はここにあります。物価上昇率に負ける、という「リスク」が存在するのです。

では政府が掲げる物価上昇率2%は本当に起きる可能性があるのでしょうか。信じられないかもしれませんが長期で考えれば起きる可能性は十分あるのです。分かりやすい例で東京ディズニーランドの1DAYパスポートを取り上げてみましょう。2020年8月現在でディズニーランドの1DAYパスは8200円で購入可能です。では1983年の開園当時はいくらだったと思いますか?答えは3,900円なのです。開園から37年間の上昇率を年複利で計算しますと約2%の上昇率なのです。もちろんディズニーランドだけでなく、我々の日常で馴染みが強いありとあらゆる品物が、37年前より値上がりしています(電車賃、食料品、自動車、家賃など)。つまり、物価上昇率が2%くらいあることは普通ととらえ、定期預金はその上昇率に負ける可能性が高いと分かった上で投資しないといけないものだということです。定期預金を探す前にこのことをぜひ覚えてください。ただしこれは定期預金を否定しているものでは決してありません。筆者も定期預金を利用することがあります。お金の預け先を定期預金という低金利商品だけで考えるのは危険であるということですので、誤解のないようにしてください。全く金利のつかない普通預金、少しだけ金利がつく定期預金、少しだけリスクをとってしっかり殖やすお金という3つのお金の持ち方にバランスよく資産を配分しましょう。


ポイント3:キャンペーン内容には注意する

さて、少し脱線してしまったので、話を元に戻しましょう。定期預金を選ぶ際の最後のポイントはキャンペーン内容をよく精査する、ということです。

定期預金にはしばしば期間限定のお得なキャンペーンが存在します。

表面上非常に高金利に見えるものがあるのです。ただ、それは条件付きの特別金利だったりするので注意が必要なのです。条件とは例えば、証券口座を開き指定の投資信託を毎月買い付けする設定をする必要があったり、所定のクラブ会員に入会する必要があったり、高いキャンペーン金利の適用期間が預ける期間全体に対して短かかったりする、というものです(例えば預入期間が1年で、当初3か月の年利は0.2%ですが、残り9か月の年利は0.05%など極端に下がるものなど)。投資信託とセットで買わなくてはいけないルールがあるのであればそれはノーリスク商品を買うつもりがリスク商品を買っているということですし、クラブ会員への入会も普段の生活に馴染むものならいいでしょうが、必要性を感じないものであればきっと煩わしいだけでしょう。見た目は高い金利に見えても適用金利が途中から下がる条件があるものはとても多いので、誤認しないように、よく条件をチェックする必要があります。キャンペーンのチラシなどを見るときは大きな文字よりも小さな文字をよく見るようにすると、誤認がある程度防げますので参考にしてみてください。

それでは、いよいよここからが一番気になる情報かと思いますが、金利の高い具体的な定期預金をご案内いたしましょう。あくまでFPとしての個人的な意見でございますので、絶対的な情報ではないことをご了承ください。

2020年8月時点での私の推奨定期預金5選は、

愛媛銀行 四国八十八カ所支店・・・1年もの金利0.27%

②香川銀行 セルフうどん支店・・・1年もの金利0.25%

あおぞら銀行 BANK支店・・・1年もの金利0.2%

④SBJ銀行・・・1年もの金利0.2%

尼崎信用金庫 ウル虎支店・・・1年もの金利0.2%

上記5種類の金融機関が提供している定期預金です。聞きなれない金融機関もいくつかあるかも知れませんが、それぞれ金利は0.2%以上あり、直近ですぐ申し込み期間が終わってしまうキャンペーンものではないことが選定した理由となっています。もちろん他にも金利0.2%以上の金融機関はいくつかありますが、わかりやすく5種類に絞ってみました。

大手メガバンクとは大きく違う定期預金金利となっておりますので、ぜひ調べてみてください。

金利が比較的高い定期預金を扱っている金融機関は基本的にオンラインで手続き可能なところが多いので、ゆかりがない地域の地方銀行であっても申し込めたりします。


定期預金を選ぶ際の注意点まとめ

最後に弊社の自己紹介を兼ねて全体のまとめをさせていただければと思います。

弊社は独立系FPとして活動している会社でございます。独立系FPとは、特定の金融機関の資本が入っていないFPを指し、一つの分野に偏り過ぎることなく、お客さまの家計全体を俯瞰して見た上でのアドバイスができるお金の専門家です。弊社Ever Sideはお金のかかりつけ医のようにEver(一生)Side(そばに)お客様に寄り添える存在になれるよう、日々活動しております。

今回のテーマの定期預金においても、特定の分野の商品を最適にしていくことも確かに大事ですが、最も大事なのは家計全体のバランスです。流動的な資産、確実に殖える安全性資産、積極的に殖やす収益性資産の割り振りという観点で全体最適がとれているかどうか金融商品を選ぶ以前に大切なことになります。お金を貯めたり殖やしたりする、目的や目標金額、期限などを明確にし、その計画に最も適した金融商品を選んでいくようにしましょう。

それでは、長文になってしまいましたが最後まで読んでいただきまして、誠にありがとうございます。

日本FP協会とはファイナンシャル・プランナーの育成・組織化を図り、

経済や国民生活の向上に寄与することを目的とした組織です。

logo02.png

〒160-0023

東京都新宿区西新宿8-2-18

cta2.png