保険料の払込期間について

生命保険料払方のイロハ

 皆さん、生命保険に加入するとき「月払」しかないと思っていませんか?
 実はそんなことはありません。保険会社にもよりますが「年払」や「半年払」といった方法も用意されていることがほとんどなのです。
 では「月払」や「年払」のメリットデメリットは何かを見ていきましょう。

保険って本当は「年払」が基準です!

 保険というものはどの商品も全て金融庁の認可を受けています。実はその認可を受ける際の保険料は「年払」が基準になっています。
 ですが「年払」だとどうしても保険料が高くなってしまうため「半年払」や「月払」が用意されています。ここで少し考えてみてください。
 保険料を支払うためには毎回口座振替やクレジットカードなど何かしらの手段が必要ですよね? となるとその分コストも余分にかかってしまいます。
 それ故に「半年払」や「月払」の合計金額は「年払」より少し高く設定されており、言い換えれば分割手数料も保険料に含まれているのです。

「年払」「月払」メリットデメリット

それぞれを比較してみます。

年払のメリット

・総支払保険料は安い
・年に1回の支払いなので、タイミングをうまくすれば毎月のキャッシュフローが良くなる

年払いのデメリット

・1回当たりの支払い保険料は高い

月払のメリット

・毎月分割しているので、大きい保障でも適度な金額になる。

月払のデメリット

・総支払保険料が年払より高くなる
・保険に多数加入していると毎月の収支を圧迫する原因になりうる。

払方は選べます!

加入するときに担当者からこれらの説明を受けたことはありますか?もし聞いていないという方は加入されている保険の払方だけを見直すというのも一つの方法です。
 またこれから加入されるという方は保障内容だけではなく、払方も保険を選ぶ上で大事なポイントです。
 確かに保障の見直しに比べると払方の影響は限定的です。しかしながら、だからと言ってわずかな差でも保険は何十年も支払いつづける物ですので、最終的な差を比べるとそれなりの金額になってきます。
 一度ご自分の加入している保険、あるいは加入しようとしている保険をもし年払いにしたら、どの程度の割引率になるのか、一度プロと一緒に確認してみてはいかがでしょうか?